ブックメーカー投資

プロ野球 ブックメーカー

野球

1球団だけでも年間143試合も試合がおこなわれているプロ野球。日本で人気があるプロ野球にも勝敗予想などのオッズがあります。WBCや日本シリーズ、オールスターを含めますと、さらに試合数は増えます。

プロ野球はサッカーに比べ得点が入りやすく、ホームのチームが勝利するか、アウェイのチームが勝利するか予想が難しいスポーツです。2017年セリーグの優勝チームである広島の勝率は.633です。逆に考えますと、優勝チームでも約4割負けるということです。

その為、毎日のように賭けられるというメリットがある反面、どちらのチームが勝利するかブックメーカーでも予想が難しいので、高オッズは期待できないでしょう。

オッズはチームの強さはもちろん関係してきますが、先発ピッチャーの成績が大きく反映します。新人投手のように情報が少ない場合は、高オッズが狙えるでしょう。

プロ野球のオッズ項目

野球用具
  • 優勝予想
  • 打撃部門・投手部門 個人タイトル
  • 通常の勝敗予想
  • 1st Half 勝敗予想(5回裏までの勝敗)
  • ハンデあり勝敗予想
  • 両チームの合計得点数

優勝予想と個人タイトルは、シーズンが開幕してからでも賭ける事は可能ですが、すべてのブックメーカーが受け付けているわけではないので注意が必要です。

他のスポーツとは違いプロ野球は試合数が多いので、オッズが発表されるのは、試合当日朝か、日本時間の深夜になります。オールスターや日本シリーズは、数日前からオッズがあることもあるのでチェックしましょう。

初心者でブックメーカーの経験が少ないユーザーの方は、最初からハンデ付きの勝敗予想や1st Halfの勝敗予想をするのではなく、マネーラインという通常の勝敗予想に賭ける事がいいでしょう。慣れてから、ハンデ等に賭けた方が無難です。

ブックメーカーの場合は優勝決定後も消化試合にはならず、MVPや個人タイトルがあるので、プロ野球をシーズン終了まで楽しむことができます。

シーズンオフには、FAや年俸ランキングなどのオッズがあるので、年間を通して賭ける事ができるでしょう。

ブックメーカーによっては、監督の解任や辞任、トレードなど細かなオッズも用意されています。