ブックメーカー投資

ブックメーカーで日本からサッカーやプロ野球のスポーツへ投資

ブックメーカーとはヨーロッパを中心に運営されているスポーツの勝敗予想の賭けです。

その還元率の高さから、投資としてサッカーやプロ野球へ賭けているユーザーも多数います。

多くのブックメーカーは日本からも登録が可能です。まずはブックメーカーの特徴を紹介していきましょう。

ブックメーカー 7つの特徴

  • 還元率が日本の競馬やスポーツ振興くじtotoに比べて高い
  • 日本から世界中のスポーツ・リーグが対象
  • スポーツの勝敗予想が楽しめる
  • 日本人選手出場試合に賭ける事ができる
  • ライブベットなら試合が視聴料0円
  • やり方・登録方法が簡単
  • 情報とデータ分析をすれば投資になる

オリンピックやノーベル賞もブックメーカーのオッズ対象

ブックメーカーはスポーツのへの投資だけではなく、とても多くのジャンルにオッズがあります。オリンピックはもちろんのこと、芸能や政治(選挙)、天気やノーベル賞までもオッズがあるのです。

選挙では、アメリカの大統領の当選予想が、多くのユーザーに賭けられます。

ブックメーカーと日本のギャンブル 還元率の比較

日本のギャンブルの還元率の低さは世界的に有名で、ブックメーカーの高さは有名です。

下記で数値を比較しましたので参考にしてください。

  • ブックメーカー 90~97%
  • 競馬・競艇・競輪・オートレース 74.1~75%
  • スポーツ振興くじ toto 49.6%
  • 宝くじ 46.3%
  • パチンコ・スロット 82~87%

このように比較してみますと、ブックメーカーの還元率の高さがわかります。この還元率の高さこそが、ギャンブルではなく投資となる理由なのです。

ブックメーカーの還元率の高い理由は、一般の法人であること、インターネットで投資が主流で店舗の運営費がないこと、スポーツ競技場等を運営していない等が主な理由としてあげられます。サッカーや野球のスタジアム運営費用はなく、競馬場の維持・管理費用もありません。

他に比べ運営コストが低いので高オッズが可能で、勝敗予想やイベントごとを楽しませることができるのです。

イギリスで誕生 ブックメーカー・競馬・サッカー

ブックメーカーはサッカーと同様にイギリスで誕生しました。ブックメーカーとサッカーの他に、競馬もイギリスで誕生しています。

ギャンブル好きの国民性もあり、ブックメーカーと競馬は人気が高く、スポーツではサッカーの人気が高くなっています。

サッカーは世界一の人気と資金力のあるイングランドプレミアリーグがあるので、必然的にブックメーカーのスポーツではサッカーが盛り上がっています。プレミアリーグでは多くのクラブが、ブックメーカー会社をスポンサーとしています。

  • ブックメーカー
  • 競馬
  • サッカー

ブックメーカーの始まりは競馬だけでしたが、上記の3つがイギリスで誕生していることで、相乗効果があり、ギャンブルとスポーツが結び付きました。

その後、ブックメーカーは多数のスポーツを取り扱うようになり、現在の規模になりました。世界規模のギャンブルでユーザー数が多いことも、還元率の高さに好影響しているでしょう。