ブックメーカー投資

Jリーグはブックメーカーで投資しなければ損

スポーツベッティング

日本のJリーグにはスポーツ振興くじのtotoがありますが、正直なところtotoはおすすめできません。

理由はシンプルで、還元率が悪すぎるからです。

Totoのように、胴元が半分以上の利益を確保しているのは日本ぐらいでしょう。当然、還元率に無知で賭けている方も悪いのでしょうが、しなくてもよい損をしてしまっています。

ブックメーカーの平均還元率が約94パーセントだと考え、対するtotoは49.6パーセントです。

これは、日本人以外は絶対に賭けない還元率です。

勝敗予想が上手いプロでも勝てない還元率なのです。そもそもプロは、還元率の悪い投資はしないので、totoはやらずにブックメーカー投資をしています。

お金

ドイツのブンデスリーガなど、海外サッカーの数試合をtotoでも対象となりましたが、本気で考えているのであればブックメーカーで投資するようにしてください。

試合数は比べ物にならないほどブックメーカーの方が多いですし、取り扱っているリーグの数も圧倒的にブックメーカーの方が多いです。

J1しかオッズのないブックメーカーもありますが、J2やJ3の他、トーナメントなどのオッズがあるブックメーカーは多数あるのです!もちろん、日本代表の試合もあり、大きなブックメーカーになれば女子サッカーもあります。

ワールドカップやアジアカップ、ユーロやチャンピオンズリーグは100以上のオッズがあり、決勝となれば150~200ほどのオッズがある事もあります。

ブックメーカーのネックは登録と入出金の手間です。特に英語ができない人は障壁を感じてしまうかもしれません。しかし、日本語専用のサイトがあるブックメーカーが増加中なので安心してください。

障壁や手間を感じても、それを上回る還元率と面白さがブックメーカーにはあります。

対象の試合やオッズが多いということは、選択が多いということです。自信のある試合を、多くの中から選ぶことができます。totoのように数試合の中から選ぶわけではありません。

Jリーグでもブックメーカーがおすすめなのは、以上の理由からになりますので、Jリーグファンでtotoに賭けているようでしたら、ブックメーカーにチャレンジしてください!

お金